永代供養で子孫を自由に

物置のダンボールはわかりやすく保管する

 物置の中にダンボールを積み上げて置いておくときには、中に何が入っているのかわかるようにしておくと便利です。あまり着なくなってしまった洋服、読まなくなった書籍、聴かなくなったCDなどを一時保管するため、ダンボールに詰めて物置にとりあえず置いておくということがあります。

 

 しかし、何も明記しないままダンボールを置いてしまったら、後で探すときに苦労をします。ほとんどもう使わないものならそういう機会もあまりないのかもしれませんが、それでもまったくないというわけではありません。ダンボールに詰めておくのならマジックで直接書いたりラベルを貼ったりしてわかるようにしておくことが大切で、そうすることにより後で必要になったときすぐ取り出せるようにしておきます。

 

 そうしておけばダンボールをたくさん積んでいたとしても問題はないですし、物置を一時保管の場として有効利用することができます。ですので、そうしてわかりやすく保管することがポイントです。
このサイトで評判の物置にお越し下さい。